本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



Home > 「仕事」と「人」を知る > 先輩インタビュー「営業部 松島 一司」

常にチャレンジ精神で取り組むことが成長への近道。海外経験を通して大きな成長を実感。

Interview1:ASTIに入社を決めた理由と入社後から現在までの経緯について教えてください。

画像

就職活動を通してASTIを知った際に、自動車分野や家電分野など多分野での事業を行なっている企業だったので、この会社だったら色々できそうだなと興味を持ちました。大学で電子系の分野を学んでいた自分としては、ASTIなら自分の納得できる仕事ができるだろうなと思い応募を決めました。
入社後は設計業務を2年間していました。3年目にベトナムへ営業として海外赴任の話を頂いたので自分が成長できる機会だと思い、不安もありましたが挑戦する決心をしました。ベトナムでは、営業として4年半ほど駐在していました。
1年ほど前に日本へ帰国し、現在は2輪車向けワイヤーハーネスの営業を担当しています。海外での営業経験を生かし、国内のお客様だけでなく海外のお客様ともお付き合いをさせていただいています。

Interview2:仕事のやりがいや魅力は何ですか?

画像

既存のお客様との関係を強くしていくことも重要ですが、やはり新規のお客様からの信頼を得てパートナーの契約を結ぶことが出来たとき、それまでの努力や苦労が報われたと実感しますね。その時が一番やりがいを感じます。
営業というと一般的にお客様と折衝して契約を取るのが仕事というイメージがありますが、ASTIの営業はそれだけでなく仕入れから製造まで全ての工程でかかわりを持ちます。契約段階だけではなく、全ての工程に携わることができることは物づくりが好きな自分にとって大きな魅力だと思います。

ページの先頭へ戻る

Interview3:これまでの仕事を通して成長したなと思うことは何ですか?

画像

ベトナムでの駐在経験が自分を大きくしてくれたと思います。海外での生活は全てが刺激的でした。駐在員としての仕事は全てが未経験でしたが、「分からない・出来ない」では話にならない状況だったので、学生時代以上に勉強しながら全力で仕事に取り組んでいましたね。
少ない駐在員で、営業だけでなく製造や品質保証、貿易関係の経理もやらなければいけないという日本では考えられない状況でしたが、様々な業務に携わる中で自分の視野も広がりましたし、責任者として判断しなければいけない立場でもあったので、今の状況と今後の展開をしっかりと見極めた上での判断力が備わったと思います。

Interview4:ASTIに入社してよかったことは何ですか?また、今後の目標は何ですか?

画像

社会人として早い時期に海外での責任ある仕事を任せてもらえたことですね。 ちょうど私が入社した頃は、ASTIが海外進出を積極的に進め始めた頃でもあったので、タイミング良く海外赴任の機会を与えてもらうことができました。
今でも、海外で働きたいという人には海外勤務のチャンスを与えてくれるので、多くの人に海外での貴重な経験を得て、社会人としての大きな財産を身につけてもらいたいです。 4年半の海外経験を通し、新しいことにチャレンジすることの大切さを実感したので、これからはビジネスにかかわる法律などの勉強や他言語の習得なども挑戦していきながら、自分の可能性を高めていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る


「仕事」と「人」を知る